TOP | コラム一覧 | 生きづらい人生の歩き方 | 楽に生きたい - その具体的な実践方法


楽に生きたい

 

楽に生きたい

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第71回
楽に生きたい

 

┃「楽に生きたい」という人が増えている

 
最近、カウンセリングの現場で、ご相談者様からほんとうによく聴く言葉があります。
 
それは「楽に生きていきたい」という言葉。
 
とくべつイキイキしたり、明るく元気に生きていかなくてもいい。
 
ひとまず目の前にあるあらゆる苦しみから逃れたい。
 
そして、ただただ「楽に生きたい」のだとおっしゃるのです。
 
生きづらさにあえぎ、本気で苦しんできた人だからこそ思う、切実な願いですよね。
 
たしかにどんな仕事をしていても、あらゆるルールや組織の雰囲気にまみれながら、それに必死に合わせなければならない。
 
また、職場の同僚やママ友など、苦手な人間関係にも馴染まねばなりません。
 
家庭でも、パートナーが自分の苦しみを理解してくれないなか、子育てに大きくつまづいてしまうこともあります。
 
なにをやっても苦しい。
 
なにをやってもつらい。
 
社会的に成功したいとか、経済的に成功したいとか、大きなことは言わない。
 
せめて、この日常のなかに満ちた苦しみを取り除きたい。
 
自分に合った環境を手に入れて、そこで楽に生きていきたい。
 
そんなふうに悩んでおられる方が、とても増えているのです。
 
 

┃あれも無理、これも無理、それも無理

 
そこでみなさん、じっさいに環境を変えようとする。
 
仕事を変えようとしたり、人間関係を変えようとしたり、離婚や別居も含めて家庭環境を変えようとする。
 
でも、生きづらい感性をもっているからこそ苦しんできたわけで、かんたんに自分に合った環境は見つかりません。
 
探そうと思っても、
 
「あれが苦手だから無理」
 
「これが嫌いだから無理」
 
「それが下手だから無理」
 
と選択肢が広がらない。
 
参照:『やる前から「無理」「できない」とあきらめてしまう』
 
あれも無理、これも無理、それも無理…。
 
じつは、このような考えが浮かんでくるのは、とても正常なこと。
 
「心の引力」という本能です。
 
誰もが、今より苦手な環境になってしまうことを恐れるのです。
 
参照:「人生が変わる瞬間に必ず起こる問題」
 
「楽に生きたい」と願っているのですから、とくにその引力が強くなるのは当然のことでしょう。
 
だから、もしあなたが同じ状況におちいっていたとしても、ご自分を責める必要はありません。
 
ただ「あれも無理、これも無理、それも無理」と言いつづけていても、なにか解決策が浮かんでくるわけでもありませんよね。
 
もちろん、誰かが代わりにあなたに合った最適な環境を見つけてきてくれるわけでもない。
 
結局は、自分でこの壁を突破するしかありません。
 
ではいったいどうしたらいいのでしょうか?
 
 

┃楽に生きる環境を見つける方法

 
少し視点を変えてみましょう。
 
あなたは「楽に生きる」ために環境を変えたいと考える。
 
そのために「無理をしなくていい環境」を見つけようと思う。
 
じつは、ここがポイント。
 
「無理をしなくていい環境」を見つけようとすると、なにも選べなくなってしまいます。
 
なぜなら、どんな環境であっても必ず一つや二つは無理をしなくてはならない条件が含まれているから。
 
結果として「あれも無理、これも無理、それも無理」と感じて、なにも選べなくなる。
 
一歩も前に進めなくなってしまうのです。
 
つまり、楽に生きるために環境を変えたいなら、「無理をしなくていい環境」を探そうとしないこと。
 
では、なにを探すのか?
 
「まだマシな無理」を探すのです。
 
「無理ではないもの」を探すのではなく、いろいろな無理のなかから「まだマシな無理」を見つけて選んでいくのです。
 
私たちのまわりには、誰もがかんたんに無理せず楽に生きられる環境を見つけられるかのような情報があふれかえっています。
 
好きなことを見つける方法!
 
やりたいことを見つける方法!
 
自分にピッタリの仕事を見つける方法!
 
自分に最適のパートナーを見つける方法!
 
あらゆる人が「見つけよう!」と呼びかけてきますよね。
 
そのため、ついつい「楽に生きられる環境」が、すぐに見つかるような気持にさせられてしまいます。
 
それどころか、見つけられない自分が悪いような気がして焦ってきてしまう。
 
でもじっさいは、そんな呼びかけは幻想に過ぎないのです。
 
誰もが「楽に生きられる環境」をすぐに見つけられるわけではありません。
 
とくに、苦手なものが多く、心が敏感で生きづらいと感じている人にとって、その呼びかけは焦りを生み出す原因にしかならないでしょう。
 
では、なぜそのような呼びかけがあふれかえっているのでしょうか?
 
それは、好きなこと、やりたいこと、ピッタリの仕事、最適のパートナーを手に入れた人が、社会的・経済的に成功することが多いからに過ぎません。
 
社会的・経済的に成功しているから発言力がある。
 
ブログには人があつまり、フェイスブックには友達が数千人いて、著書も出して、広く自分の意見を知ってもらえる立場にある。
 
だから、そのような呼びかけがあふれ返ってしまう。
 
その結果、生きづらい人も「私もすぐに見つけなくては」と焦らされてしまうのです。
 
でもこれ以上、幻想につき合う必要はありません。
 
焦る必要はない。
 
「まだマシな無理」を選ぶことからはじめていけばいいのです。
 
 

┃まずはマイナスを減らすことから

 
生きづらい人だけではありあせん。
 
周囲の人をよく見まわしてみましょう。
 
みんな自分に合った環境で、快適に生きているでしょうか?
 
もしそうなら、朝の通勤電車で誰もがあんな憂鬱そうな顔をしていないのではないでしょうか。
 
ほとんどの人が仕方なく、今の環境を選んでいるのです。
 
決して好きこのんで今の環境を選んでいるわけではない。
 
「まだマシな無理」を選んでいるだけなのです。
 
その許容範囲が、たまたま今の社会構造に合っていたに過ぎない。
 
生きづらい人よりは、合わせることのできる感性をもっていたに過ぎません。
 
ものすごいプラスの環境で生きているわけでもない。
 
ものすごいマイナスの環境で生きているわけでもない。
 
みんなプラスとマイナスの境目であるゼロの周辺を、行ったり来たりしているだけなのです。
 
だから、もしあなたが「楽に生きたい」と思っていらっしゃるのなら。
 
いきなりプラスに浮き上がろうとするのではなく、まずはマイナスを少しでも減らすことからはじめてみませんか?
 
少しでもいいからゼロに近づけていく。
 
そのために「まだマシな無理」を選んでいく。
 
ほんの少しでも、自分が本当に苦手なものを排除していく。
 
その先に、好きなことや、やりたいこと、自分に合った仕事が見えてきます。
 
そして、気がつけば人生がプラスの側に転じている。
 
それが「楽に生きる」ための着実な道なのです。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶかつのり(信夫克紀)
 


生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.AI時代に生き残る仕事
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.これからのビジネスの成功法則
4.善人なんていない
5.お金は好きですか?
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.「リア充」を目指すより
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.人に拒絶されると傷ついてしまう
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.仕事は三つもつ
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの使い方
38.向かい風を追い風にする生き方
39.行動力を身につける方法
40.お金との上手なつき合い方
41.自己洗脳と自己欺瞞
42.人並みという幻想
43.元気がないと幸せになれないのか?
44.社会の常識に振り回されない
45.気が休まらない…
46.綺麗事に気づいてしまう人
47.生きづらい人が起業を成功させられる理由
48.そんなかんたんな話じゃない
49.人に気をつかい過ぎて疲れしまう
50.悩み過ぎて体がガチガチ
51.正解なんてない
52.心に余裕がない
53.誰に相談したらいいのかわからない
54.やる気はどこから湧いてくる?
55.人と対立してしまう
56.許すか、許さないか
57.生き方を決める
58.好きなこと探しの迷宮
59.生きづらさは誰のせい?
60.集中しすぎてしまう
61.居場所がない
62.不用意に交友関係を増やそうとしない
63.自分を最強の味方にする方法
64.世間のしがらみから脱け出したい
65.あと一歩が踏み出せない
66.なぜメンタルが弱いのだろう…?
67.苦手なことへの適切な対処法
68.心配ごとが頭から離れない
69.認められたいのに認めてもらえない
70.引きこもりは「悪いこと」なのか?
71.楽に生きたい
72.失言が多いので減らしたい
73.誰も心配してくれない
74.お金の上手な使い方
75.やる気が出ないのはなぜなのか?
76.深く悩んでいる人の方が「えらい」のか?
77.生きづらい人が幸せになりたいなら
78.この人と結婚していいのか?
79.心が敏感な人向けの対処法から抜け落ちている視点
80.人生を変えられる人と、変えられない人の違い
81.親が嫌いな自分はおかしいのか?


おかげ様でコラム数500本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。