話が噛み合わないと感じるなら。

 

AI時代に生き残る仕事

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第22回
話が噛み合わないと感じるなら

 
あなたがもし、周囲の人と話が噛み合わないことで悩んでいらっしゃるのなら。
 
このコラムをぜひ最後まで読んでみてください。
 
噛み合わない理由がハッキリとわかり、心がスッと楽になるはずです。
 
以前もお話しましたが、この世界には二種類の住人が存在しています。
 
一つ目は、意識のほとんどが、目の前にある机や仕事といった「物質」や「現象」で占められている「物質空間」の住人。
 
二つ目は、意識のほとんどが、考えごとや不安といった「思考」や「感情」で占めてられいる「心の空間」の住人です。
 
この二種類の住人は、本当に話が噛み合わないのです。
 
「心の空間」の住人は、日常生活でうまくこなせないことがたくさんあります。
 
なぜなら、目の前が思考や感情におおわれていて「物質空間」がよく見えないからです。
 
私はその「心の空間」の住人です。
 
でも、実はそう思えるまでに相当な時間がかかりました。
 
私は整理整頓が苦手で、小学生の頃から自分の机やロッカーの中がグチャグチャでした。
 
それを、担任の教師が「信夫の机とロッカーはこんなに汚い」と、中に入っているものをみんなの前で一つひとつ取り出すのが恒例行事になっていました。
 
クシャクシャになったプリントや、カビたパンが出てくるたびに、クラスメイトが「うわぁ~」と悲鳴を上げる。
 
さらし者でした。
 
普段の行動も落ち着きがないので、給食は私だけ先生の横に座って食べる。
 
私の授業中の座席を、教卓の真横に指定した先生もいます。
 
もちろん、授業参観もその席。
 
周囲の人たちから日々いろいろと指摘されるので、自分なりに真剣に理由を説明するけれども、話が噛み合わない。
 
小学校三年生にして、担任教師からは人間のクズと言われました。
 
小学校六年生のときの担任教師からは、殴り倒され、顔面を靴で踏みつけられました。
 
だから私は一生懸命、「物質空間」のことができるように頑張りました。
 
「物質空間」のルールに合わせようと努力しつづけました。
 
でもできませんでした。
 
なぜなら、私は「心の空間」の住人だから。
 
周囲の多くの人たちと同じように世界が見えてはいない。
 
同じ「現実」を感じられないのです。
 
でも、なかなかそのことに気づくことができませんでした。
 
なにせ「物質空間」の住人の方が圧倒的多数ですから、その常識やものの見方を押しつけられます。
 
「物質空間」に住んでいる人からすれば、押しつけたつもりはなく、それが当たり前になりすぎていただけ。
 
それゆえ、私も押しつけられているとは思っていませんでした。
 
ただ単に私が間違っていて、甘えていて、弱音を吐いているだけだと思っていた。
 
だから、ひたすら「物質空間」のやり方に合わせて生きてきたのです。
 
そして力尽きました。
 
あらゆるものを失いました。
 
やがて私は、導かれるように心理カウンセラーになりました。
 
生きづらさを抱えた方のお話を、カウンセリングルームの中で聴かせていただいていると、私はしっかりと「現実」を感じることができます。
 
それは話が噛み合うから。
 
「心の空間」の会話が成り立つから。
 
その場が「心の空間」で満たされるからです。
 
そうして私は確信しました。
 
自分は「心の空間」の住人なんだ、と。
 
それ以来「物質空間」のルールや常識が、私にまとわりつくことはなくなりました。
 
無理に人と話を噛み合わせようと思うことがなくなったのです。
 
あなたがもし、周囲の人と話が噛み合わないのなら、もしかすると住んでいる空間が違うからかもしれません。
 
あなたにとって「現実」が存在しているのは、どちらの空間なのか。
 
どちらの空間と接触している面が大きいのか。
 
ぜひ一度、ご自分の「心」にたずねてあげてみてください。
 
あなたの「心」は、あなたから問いかけてもらえるのをきっと待っているはずです。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ