生き方を決める

 

生きづらい人生の方 生き方を決める

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第57回
生き方を決める

 
あなたは、本を読まれますでしょうか?
 
とくに「生き方」について書かれた本を。
 
生きづらいと感じている方は、読書をとおして自分の生き方を見出そうと思う方が多いと思います。
 
それは言いかえれば、本に詰め込まれた英知から、
 
「自分の道」
 
を見つけようとしていると言えるかもしれません。
 
でも、なかなか見つけることができない。
 
これだと思う生き方を見つけるけれども、じっさいにその道を進んでみると、やっぱり合わない。
 
または、すぐに飽きてしまう。
 
さらに、苦労や困難にぶつかってしまったときに、
 
「やっぱりこの道じゃない…」
 
と思えてしまうのです。
 
そしてあらためて「自分の道」を求め、別の本を読むことになる。
 
別の本には、当然別の道について書いてある。
 
その生き方に取り組んでみて、また苦労や困難にぶつかってしまう…。
 
そのくり返しに、ほとほと疲れ果てている人もいるはずです。
 
このような状況は「自分のなかに基準がない」と感じていた人が、だんだんと自分の欲求に気づきはじめてきた頃によく起こる問題です。
 
ぼんやりと見えてきた自分の視界を、よりクリアにしようとして、本のなかにその答えを求めつづけるのです。
 
これは、生きづらい人生においてとても真剣でまっとうな行動だと言えるでしょう。
 
しかし、あなたもすでにお気づきのように、この世界に正解なんてない
 
だから、どの本を読んでも何度試してみても、結局は壁にぶつかり、「生き方探しの旅」をつづけることになってしまうわけです。
 
そこで、こんな風に考えてみるのではどうでしょうか?
 
「自分の道を決めてから本を読む」。
 
つまり、生き方を見出すために本を読むのではなく、一時的でもいいからまず生き方を決めてみる。
 
その生き方の「参考」とするために本を読んでみるのです。
 
たとえ一時的だとしても、ハッキリと「私はこの道を行く!」と決めたのであれば。
 
その道が多少自分に合わなくても、なんとか調整しようと思う。
 
飽きてもなんとか興味を見出そうとする。
 
苦労や困難にぶつかってもなんとか解決しようとするはず。
 
なぜなら、それが「自分の道」だとすでに決めてあるからです。
 
そして、その問題の解決のために本を読むようになる。
 
読書の目的が変わるわけです。
 
生きづらい人は、あまりの人生の苦しさに、「自分の道」に幻想をいだいていることが多いと言えるかもしれません。
 
カウンセリングをさせていただいていても、よく実感することです。
 
自分に合った生き方さえ見つかれば、いつでも笑顔でハッピーに生きられる。
 
毎日胸をときめかせ、ワクワクしていられる。
 
でも、じっさいにはそんなことはありません。
 
たとえ自分の生き方を見出したとしても、いきなり自分にフィットするとはかぎりません。
 
ときには飽きてしまうこともあるでしょう。
 
当然、大きな苦労もあれば困難も待ちかまえています。
 
それが現実です。
 
ただ「自分の道」なのであれば、それらの問題に冷静に対処できる。
 
問題を乗り越えるための「成熟したやる気」が湧いてくるのです。
 
これこそが「自分の道」なのだ、と。
 
もちろん、あきらかに自分に合っていない道で奮闘しつづけることは、心身を壊すだけの結果になってしまうでしょう。
 
また、人に利用されているだけの状況も、決して健全な生き方とは言えません。
 
本当にそれが「自分の道」なのか、しっかりと吟味する必要があるでしょう。
 
ただ、もしそのような不健全な生き方ではないと言えるのであれば。
 
まずは、「自分の道」を決めてしまう。
 
暫定的でも生き方を決めてしまうのは、一つの有効な選択肢ではないでしょうか。
 
私がよくおすすめしている「役割を見つける」というものも、まさにそのための方法だと言えるでしょう。
 
たしかに世間には、とくに悩むこともなく毎日ハッピーでワクワクしながら生きている人がいます。
 
また、上手に思考停止して、誰かの用意した道にとどまることができる人もたくさんいます。
 
でもあなたはできない。
 
とことんまで追い求めてしまう。
 
あなたの実存の充実を。
 
どうしても心の奥底の底、もはや「魂」とでもしか呼びようのないところから湧き上がってくる、
 
「本物の充実」
 
を求めてしまうのです。
 
自分の道を決めないと、人の意見は「正解」となります。
 
だから意見を聞くたびに道を変えることになる。
 
しかし、自分の道をしっかりと決めれば。
 
人の意見は貴重な「手助け」となり、生きる道を進むエネルギーになってくれるのです。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶかつのり(信夫克紀)
 


生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.AI時代に生き残る仕事
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.これからのビジネスの成功法則
4.善人なんていない
5.お金は好きですか?
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.「リア充」を目指すより
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.人に拒絶されると傷ついてしまう
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.仕事は三つもつ
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの使い方
38.向かい風を追い風にする生き方
39.行動力を身につける方法
40.お金との上手なつき合い方
41.自己洗脳と自己欺瞞
42.人並みという幻想
43.元気がないと幸せになれないのか?
44.社会の常識に振り回されない
45.気が休まらない…
46.綺麗事に気づいてしまう人
47.生きづらい人が起業を成功させられる理由
48.そんなかんたんな話じゃない
49.人に気をつかい過ぎて疲れしまう
50.悩み過ぎて体がガチガチ
51.正解なんてない
52.心に余裕がない
53.誰に相談したらいいのかわからない
54.やる気はどこから湧いてくる?
55.人と対立してしまう
56.許すか、許さないか
57.生き方を決める
58.好きなこと探しの迷宮
59.生きづらさは誰のせい?
60.集中しすぎてしまう
61.居場所がない
62.不用意に交友関係を増やそうとしない
63.自分を最強の味方にする方法
64.世間のしがらみから脱け出したい
65.あと一歩が踏み出せない
66.なぜメンタルが弱いのだろう…?
67.苦手なことへの適切な対処法
68.心配ごとが頭から離れない
 


おかげ様でコラム数450本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。