TOP | コラム一覧 | 生きづらい人生の歩き方 | 深く悩んでいる人の方が「えらい」のか?


深く悩んでいる人の方が「えらい」のか?

 

深く悩んでいる人の方が「えらい」のか?

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第76回
深く悩んでいる人の方が「えらい」のか?

 

┃深く悩んでいない人をバカにしてしまう

 
あなたは生きづらさを抱え、とても深く悩んでこられたことと思います。
 
そのような深く悩んでこられた方のために、私はお伝えしてきました。
 
「あなたは強い」と。
 
あなたの深く悩む生き方。
 
その生きづらさは弱さではなく強さの証明である。
 
生きづらさを抱えているということは、毎日それを乗り越えながら生きているということ。
 
だからこそ強いのだ、と。
 
さらに、あなたの悩みが周囲の人に理解されないのは「悩みの階層」がズレているからだともお伝えしてきました。
 
つまり、あなたの「悩みの階層」は深い。
 
だから「悩みの階層」が浅い周囲の人たちにあなたの話は通じないのだ、と。
 
そうすると、ほんのたまにですが、次のようにおっしゃられる方がおられます。
 
「周囲の人なんて苦しんだことがないってことですよね?」
 
「みんなしょせん頭が悪いってことですよね?」
 
「私の感性の方が正しかったってことですよね?」
 
要するに、悩みの深い人間の方が「えらい」という感じ方。
 
もちろんそれは、私の表現力が不足しているせいでしょう。
 
また、深く悩んできた人は、今まで周囲の人から自分の生きづらさを理解されずに生きてきた。
 
ときにはバカにされることもあった。
 
だから、そのような感じ方をするのも無理のないことかもしれません。
 
その結果、今度は自分が一方的に周囲の人たちをバカにしはじめる。
 
しかし、それでは自分を責めてきた人たち、バカにされてきた人たちと同じことをしているに過ぎません。
 
そこには新たな対立、新たな生きづらさが待っているだけです。
 
 

┃極端から極端へ移動してしまう人

 
生きづらい人のなかには、周囲の人たちの無理解に苦しめられてきた方が多くおられます。
 
そのため極端に自分を責めてきた人がとても多いのです。
 
とても苦しいですよね。
 
そのような苦しい状況のなかで「私は強い」「私の悩みの階層は深い」という事実に気づいたとき。
 
それまでの反動によって、こんどは極端に周囲の人を責めるようになってしまうことがあるのです。
 
でも、それは「極端」から反対側の「極端」に移動しただけだと言えるでしょう。
 
じつは、このように極端から極端に移動する人に共通していることがあります。
 
それは「葛藤力」が、健全に育まれてこなかったということ。
 
違う価値観のはざまで、どちらを選んだ方のがいいのかと葛藤する力が弱まっているのです。
 
そのため、周囲の人に責められているときも、
 
「本当に私だけが悪いのだろうか、相手にもおかしなところがないだろうか」
 
と、葛藤することができなかった。
 
そして自分だけを責めざるをえなかった。
 
また、自分は強いと気づいたときも、
 
「本当に相手だけが悪いのだろうか、自分にもおかしなところがないだろうか」
 
と、葛藤することができなかった。
 
そして相手だけを責めざるをえなくなってしまう。
 
「葛藤力」が育まれていないために、極端から極端に移動してしまう場合が多いのです。
 
 

┃生きづらさから脱け出す条件

 
深い悩みを抱える人がその苦しみから脱け出すために必要なこと。
 
それは、一方的に自分の方が「えらい」と感じることではありません。
 
そのような極端から極端への移動ではないのです。
 
生きづらい人にとって本当に必要なこと。
 
それは見落としている尺度に気づくことです。
 
世の中で判断に使われている尺度だけが、すべての尺度ではありません。
 
社会が見落としている尺度がある。
 
生きづらい人が見落としている尺度がある。
 
その尺度で見れば確実に、生きづらい人は強い。
 
そして、それは「生きようとする力」とも言える根源的なもの。
 
その尺度に気づくこと。
 
それが生きづらさから脱け出す条件なのだ、ということです。
 
生きづらいから自分の方が「えらい」のだと思ってしまうのだとしたら。
 
その瞬間に、その生きづらさはただの傲慢の源になってしまうだけでしょう。
 
生きづらさをそんなふうに扱っては、もったいなさすぎると私は思います。
 
生きづらさを本物のチカラに変えて欲しい。
 
誰かと比べてということではない。
 
あなたはあなたの尺度で強い。
 
あなたはあなたの尺度で正しい。
 
あなたはあなたの尺度でえらい。
 
だから「ひるむ必要がない」ということ。
 
周囲の人たちと、正々堂々、互いを尊重し合って生きていけばいい。
 
感性のまるで違う人たちにひるむことなく、自分の感性を大切にし、さらに相手の感性を大切にしようとすればいい。
 
まるで違う感性のはざま。
 
そこには深い葛藤があるでしょう。
 
その両極のなかで「葛藤力」を育みつづけること。
 
その「葛藤力」が、あなたの生きづらさを、ゆるぐことのない本物のチカラに変えていってくれるのです。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶかつのり(信夫克紀)
 

 
【残り1席です】
人間関係がどうしても苦手な人へ 脱世間起業塾開催

 


生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.AI時代に生き残る仕事
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.これからのビジネスの成功法則
4.善人なんていない
5.お金は好きですか?
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.「リア充」を目指すより
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.人に拒絶されると傷ついてしまう
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.仕事は三つもつ
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの使い方
38.向かい風を追い風にする生き方
39.行動力を身につける方法
40.お金との上手なつき合い方
41.自己洗脳と自己欺瞞
42.人並みという幻想
43.元気がないと幸せになれないのか?
44.社会の常識に振り回されない
45.気が休まらない…
46.綺麗事に気づいてしまう人
47.生きづらい人が起業を成功させられる理由
48.そんなかんたんな話じゃない
49.人に気をつかい過ぎて疲れしまう
50.悩み過ぎて体がガチガチ
51.正解なんてない
52.心に余裕がない
53.誰に相談したらいいのかわからない
54.やる気はどこから湧いてくる?
55.人と対立してしまう
56.許すか、許さないか
57.生き方を決める
58.好きなこと探しの迷宮
59.生きづらさは誰のせい?
60.集中しすぎてしまう
61.居場所がない
62.不用意に交友関係を増やそうとしない
63.自分を最強の味方にする方法
64.世間のしがらみから脱け出したい
65.あと一歩が踏み出せない
66.なぜメンタルが弱いのだろう…?
67.苦手なことへの適切な対処法
68.心配ごとが頭から離れない
69.認められたいのに認めてもらえない
70.引きこもりは「悪いこと」なのか?
71.楽に生きたい
72.失言が多いので減らしたい
73.誰も心配してくれない
74.お金の上手な使い方
75.やる気が出ないのはなぜなのか?
76.深く悩んでいる人の方が「えらい」のか?
77.生きづらい人が幸せになりたいなら
78.この人と結婚していいのか?
79.心が敏感な人向けの対処法から抜け落ちている視点
80.人生を変えられる人と、変えられない人の違い
81.親が嫌いな自分はおかしいのか?
82.著名人と自分を比べてしまう
83.自分を信じられない
84.上司や部下に言うことを聞いてもらえない
85.劣等感は克服も解消もしなくていい
86.ポジティブシンキングがうまくできない
87.結果だけで判断される社会
88.「自分がされたら嫌ことは他人にしてはいけない」の嘘
89.「性格が悪い」と言われてしまう


おかげ様でコラム数500本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。