TOP | コラム | 生きづらい人生の歩き方 | 仕事を三つもつ理由


仕事を三つもつ理由

 

生きづらい人生の歩き方第34回 もっとクヨクヨ考えよう

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第35回
仕事を三つもつ理由

 
先日公開した「仕事は三つ持つ」に、大きな反響をいただきました。
 
ただ、なぜ仕事の数が「三つ」なのかという点について、疑問に思われた方もいらっしゃったようです。
 
そこで今回は、「仕事を三つ持つ理由」についてご紹介していきたいと思います。
 
その理由は三つあります。
(ややこしいですね)
 
仕事を三つ持つ、一つ目の理由は、
 
「仕事を見つけやすくなる」
 
からです。
 
生きづらさを抱えている方は、好きなこと、やりたいことを見つけることが苦手な傾向があります。
 
つまり、一つのことにのめり込むことが苦手な方がとても多いのです。
 
せっかく自分で事業をはじめようと思い、どんな仕事にしようかと考えていても、一つの仕事でのめり込もうと思うと。
 
なかなかその願いをかなえてくれるような、興味ある仕事を見つけることができません。
 
しかし、ほんの少しのめり込める程度の仕事でいいとあらかじめ決めていれば、たくさんの選択肢が生まれてきます。
 
一つひとつの興味は少しのめり込む程度であっても、三つ集めたらどうでしょうか?
 
かなりのやりがいを感じられ、人生にのめり込めるようになるはずです。
 
すなわち、生きづらい人にとって、仕事は「三つ合わせてやりがいが出る」くらいが、ちょうどいいということです。
 
次に、二つ目の理由は、
 
「プレッシャーを分散できる」
 
からです。
 
私たちは、なんとなく一つの仕事で生計を立てなければならないと思い込んでいます。
 
しかし、もはや時代は変わりました。
 
無理をしてまで、一つの仕事にしがみついている理由はないのです。
 
(参照:「お金もうけにとらわれなくなる話」「これからのビジネスの成功法則」「社会に絶望している人へ」)
 
もし一つの仕事で生計をたてようとしたら、その仕事一つで何十万円も生み出さなければならないということに、プレッシャーを感じるでしょう。
 
新しい事業をはじめようと思っても、かなりハードルが高いと感じるはずです。
 
思い切ってはじめたとしても、早々に利益主義に走らざるをえず、きゅうくつな働き方をしなければならなくなるかもしれません。
 
しかし、仕事が三つあったらどうでしょうか?
 
一つの仕事で、たった数万円稼げばいいだけになる。
 
毎月数万円だったら、なんとかなりそうだと思いませんか?
 
仕事を三つ持つことで、プレッシャーは分散され、新しい仕事に取りかかりやすくなり、自由に働きやすくなるのです。
 
最後に三つ目の理由として、
 
「自力がつく」
 
という、もっとも重要なメリットをご紹介しておきたいと思います。
 
どんなに小さな仕事でも、自分で稼ぐ力、つまり「自力」がつけば、最大のリスク回避になります。
 
私たち日本人は、リスクを回避して安定した暮らしを求めるときに、「正社員」になろうという考えが浮かんできます。
 
しかし、日本企業の平均寿命は、たった「23年」です。
 
私たちの労働年数が40年と考えたら、人生のうちに勤務先の会社が1回~2回はつぶれるのが当たり前だということです。
 
運よくつぶれなかったとしても、リストラという危険もあります。
 
じっさいに昨今、大手企業のリストラ計画が発表されつづけています。
 
電機業界だけでも12万人、メガバンクでもみずほ銀行が2万人近く、三菱UFJ銀行が1万人近く、三井住友も5千人近くがリストラされる予定となっています。
 
合計16万人近くです。
 
この人数がどれくらいかと言うと、一つの「市」のすべての人口が、まるまる無職になるということです。
 
ただし「市」の人口には、子供もリタイアした高齢者も未就労の成人も含まれています。
 
そう考えると、じっさいは三つか四つの「市」の労働者が丸ごと職を失うようなものです。
 
しかも、これは電機業界とメガバンクのリストラ対象者だけです。
 
あらゆる業界を含めたとしたら、リストラ対象者が、いったいいくつの「市」の労働人口にまでふくらんでしまうのか…。
 
それでも果たして企業の「正社員」になることは、リスクを回避していることになるのでしょうか?
 
その会社でしか通用しないスキルしか持っていないにの、ある日いきなり会社がつぶれてしまったら…。
 
リストラで外に放り出されてしまったら…。
 
それよりも仕事を三つ持つことで「自力」を高めておく方が、よほどリスク回避につながります。
 
また、仕事を三つ持つと、そのうち一つがうまくいかなくなっても、残りの二つでカバーできるとい利点があります。
 
ただし、これはあくまでも結果としてです。
 
このリスク回避を目的に、仕事を三つ持つのはオススメできません。
 
なぜなら、中途半端な仕事しかできなくなるからです。
 
仕事を三つ持つというのは、「本業+副業二つ」ということではなく、
 
「すべてを本業にする」
 
ということです。
 
いわゆる副業で成功している人の話を聴いても、本業と変わらない姿勢で取り組んでいます。
 
あなたも片手間でやっていることがありありと見える人からサービスを受けたり、高いお金を払って商品を買おうとは思わないでしょう。
 
結局のところ、副業で稼ぐなんてありえないということです。
 
本業と呼べる仕事を三つ持つことで、人生にのめり込めるようになる。
 
そして、プレッシャーが分散され、仕事がはじめやすくなり、仕事の自由度も高まる。
 
さらに「自力」がついて、結果としてリスク回避にもつながるのです。
 
<次回更新予定 2018年6月15日(金)>
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 


生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.AI時代に生き残る仕事
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.これからのビジネスの成功法則
4.善人なんていない
5.お金は好きですか?
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.「リア充」を目指すより
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.人に拒絶されると傷ついてしまう
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.仕事は三つもつ
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの使い方
38.向かい風を追い風にする生き方
 
<次回更新予定 2018年6月25日(月)>

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ