TOP | コラム一覧 | 生きづらい人生の歩き方 | お金の上手な使い方


お金の上手な使い方

 

お金の上手な使い方

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第74回
お金の上手な使い方

 

┃なぜお金の使い方が上手にならないのか?

 
お金の使い方が上手になりたいというご相談が増えています。
 
ネットや本でも、たくさんのお金の上手な使い方が紹介されていますよね。
 
それを読んでいろいろと実践してみるけど、どうしても成果が出ない。
 
それどころか、どんどん人生が苦しくなっていってしまう。
 
いったいなぜでしょうか?
 
結論から述べてしまいますね。
 
それは「なんのためにお金があるのか?」という視点が、スッポリ抜け落ちてしまっているからです。
 
たしかに、お金の上手な使い方について、たくさんの情報があふれています。
 
しかし、「なんのためにお金があるのか?」という根本的な点について触れているものは見かけません。
 
その根本的な点を無視して、お金を貯めたり増やす方法ばかりを教えています。
 
または、心を磨くためにとか、自己成長のためにとか、安いものだけ買おうとか。
 
さらには、「お金は自分のものではない」「人のために使ってこそお金」などという道徳めいた話ばかりです。
 
でも、「なんのためにお金があるのか?」という自分なりの答えをもたずに、そのような「お金の使い方」だけを身につけても、人生は豊かになっていきません。
 
たとえば、貯金に興味がないのに無理にお金を貯めようとしてストレスも溜めてしまう。
 
また、ギャンブル性のあるものは苦手なのに投資に手を出して、反対にお金を減らしてしまう。
 
さらに、心を磨く、自己成長するという言い訳のもとに、自己啓発セミナーに多額のお金をつぎ込んでしまう。
 
その上、安いものばかり買おうとするあまり、金額だけが選ぶ基準になり、日々が味気なくなっていく…。
 
つまり、「なんのためにお金があるのか」ということを自分なりにハッキリさせないと、いつまでたってもお金の使い方が上手にならない。
 
お金に振り回される人生がつづいていくのです。
 
 

┃お金の使い方が圧倒的に上手になるコツ

 
では、お金とはそもそもなんのために存在していたのでしょうか。
 
それは「必要」なものを手に入れるための道具だったと言えるでしょう。
 
物々交換で肉と魚を交換していた。
 
それがやがて、保管できていつでも使えるお金に代わっていったわけです。
 
だから、「必要」なものにだけお金を使えばお金の使い方が上手になっていくはずです。
 
じっさい「お金は必要なものだけに使おう」というアドバイスも見かけます。
 
でも、そのとおりにやっているのにやっぱりお金の使い方が上手にならない。
 
いったいなぜでしょうか?
 
それは「必要」と「欲しい」の区別がついていないから。
 
「欲しい」ものを「必要」だと勘違いしてしまうからです。
 
これこそが「なんのためにお金があるのか?」という自分なりの答えを出すための基準。
 
「必要」と「欲しい」の区別をつけることで、お金の使い方は圧倒的に上手になっていきます。
 
お金が使われはじめた頃も、最初は「必要」なもののために使われていたはずです。
 
たとえば「必要」な食べ物を手に入れるため。
 
それがやがて「おいしい食べ物」が「欲しい」という条件つきの欲求に代わっていった。
 
つまり「必要」の延長線上にある「欲しい」へと姿を変えていった。
 
この延長線上に、「必要」と「欲しい」を分ける自分なりのハッキリとした線を引く。
 
これがお金の使い方が圧倒的に上手になるコツなのです。
 
 

┃さらにお金を上手に使う方法

 
「必要」と「欲しい」の区別をつけると、お金にまつわるストレスがグンと減っていきます。
 
さらに「必要」なお金を稼ぐための原動力にもなってくれるでしょう。
 
その結果として「必要以上」のお金が入ってくるようになるかもしれません。
 
そこでよく見られるのが「必要」と「欲しい」の線引きが曖昧になっていくという現象です。
 
つまり「必要以上」のお金があるために、「必要」の限界ラインが「欲しい」の方へとずれていく。
 
やがて「欲しい」だけのものを「必要」だと感じるようになって、またお金に振り回される状況におちいってしまうのです。
 
これを防ぐにはどうしたらいいでしょうか?
 
それは「やりたくないこと」をやらずに済ませるためにお金を使っていくことです。
 
つまり「欲しい」という積極的な気持ちのためにお金を使うのではなく、「やりたくない」という消極的な気持ちのためにお金を使っていくのです。
 
「やりたくない」ことをやらずに済ますためにお金を使うようになると、お金の使い方がさらに上手になっていきます。
 
目の前の生活からネガティブな要素が消えていき、ストレスも減っていく。
 
そのためストレス解消のための無駄食いや散財という浪費が減っていく。
 
結果的に、人生が豊かになっていくのです。
 
あなたも、もしお金の上手な使い方を身につけたいと思ったら。
 
まずは、「私にとってなんのためにお金はあるのか?」と考えてみてください。
 
そして「必要」と「欲しい」の区別をつけみる。
 
さらに「やりたくないこと」をハッキリ言葉にして書き出してみる。
 
これだけで、お金の使い方が大きく変わってくるはずです。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶかつのり(信夫克紀)
 


生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.AI時代に生き残る仕事
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.これからのビジネスの成功法則
4.善人なんていない
5.お金は好きですか?
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.「リア充」を目指すより
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.人に拒絶されると傷ついてしまう
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.仕事は三つもつ
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの使い方
38.向かい風を追い風にする生き方
39.行動力を身につける方法
40.お金との上手なつき合い方
41.自己洗脳と自己欺瞞
42.人並みという幻想
43.元気がないと幸せになれないのか?
44.社会の常識に振り回されない
45.気が休まらない…
46.綺麗事に気づいてしまう人
47.生きづらい人が起業を成功させられる理由
48.そんなかんたんな話じゃない
49.人に気をつかい過ぎて疲れしまう
50.悩み過ぎて体がガチガチ
51.正解なんてない
52.心に余裕がない
53.誰に相談したらいいのかわからない
54.やる気はどこから湧いてくる?
55.人と対立してしまう
56.許すか、許さないか
57.生き方を決める
58.好きなこと探しの迷宮
59.生きづらさは誰のせい?
60.集中しすぎてしまう
61.居場所がない
62.不用意に交友関係を増やそうとしない
63.自分を最強の味方にする方法
64.世間のしがらみから脱け出したい
65.あと一歩が踏み出せない
66.なぜメンタルが弱いのだろう…?
67.苦手なことへの適切な対処法
68.心配ごとが頭から離れない
69.認められたいのに認めてもらえない
70.引きこもりは「悪いこと」なのか?
71.楽に生きたい
72.失言が多いので減らしたい
73.誰も心配してくれない
74.お金の上手な使い方
75.やる気が出ないのはなぜなのか?
76.深く悩んでいる人の方が「えらい」のか?
77.生きづらい人が幸せになりたいなら
78.この人と結婚していいのか?


おかげ様でコラム数500本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。