TOP | コラム一覧 | 生きづらい人生の歩き方 | 結果だけで判断される社会


結果だけで判断される社会

 

結果だけで判断される社会

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第87回
結果だけで判断される社会

 

┃「苦労」と「努力」には目を向けようとしない社会

 
あなたは、誰かにプレゼントをもらったことがあると思います。
 
たとえば、それが腕時計だったとします。
 
その腕時計をもらうとき、相手から「偶然そこで拾ったから」と言われたら、あなたはどんな気分がするでしょうか?
 
反対に、もしその相手が、あなたにプレゼントを贈るために日夜苦労して働き、努力して努力して、その腕時計を手に入れたとしたら・・・。
 
たとえまったく同じ腕時計だとしても、あなたは、きっと心からよろこびを感じるのではないでしょうか?
 
「腕時計をもらった」という「結果」だけ見れば、まったく同じことです。
 
にもかかわらず、まるでぜんぜん違うできごとのように感じる。
 
それは、「結果」ではなく、相手の「苦労」と「努力」に目を向けているからです。
 
しかし、私たちの社会は、それとはまったく別の価値観によって動いています。
 
ビジネス、スポーツ、学校の成績・・・。
 
そのどれもが、「苦労」と「努力」ではなく「結果」だけで判断される過酷な世界。
 
これは生きづらさにおいても、同じことが言えます。
 
どんなに生きづらさを抱えていたとしても、誰も、その人が背負っている「苦労」と「努力」には目を向けようとしない。
 
そして、目の前にある「結果」だけを見て、弱い、怠けている、劣っていると、容赦のない判断をくだしてくるのです。
 
 

┃ミスが多いほど尊敬に値する?

 
あなたの職場に、ミスがとても多い人がいるとします。
 
そのミスのせいで、みんなに迷惑がかかる。
 
だからみんな腹を立て、なんの躊躇もなく注意したり、叱りつけたりするでしょう。
 
でも、もしこの人の「結果」ではなく、「苦労」と「努力」に目を向けたとしたらどうでしょう。
 
そのミスが多い人は、もしかすると周囲の人の数十倍、ミスをしないように気をつかっているかもしれません。
 
なんとかミスを減らせるように、いろいろな本を読み、毎晩遅くまでネットで情報を集め、病院にも通い、さまざまなミスを減らす方法を試し、毎日ミスを起こさないように、あらゆる工夫をする「努力」を重ねているかもしれません。
 
その上、その人はミスしたことで周囲から責められながら仕事をするという「苦労」を背負っています。
 
ましてやそのミスのせいで、当然自分自身の作業にも悪影響が出て、その悪影響を乗り越えて仕事をしなければなりません。
 
それでも文句を言わず、ただひたすらに周囲の人に謝りながら毎日仕事をつづけている・・・。
 
そのことを知ったあとに、その人のミスに接したとしたら、あなたはどう感じるでしょうか?
 
きっと、「結果」だけで判断していたときとは違う感情がそこに芽生えるはずです。
 
腹を立てるどころか、反対に尊敬すらすることもあるでしょう。
 
もちろん、エゴのかたまりである私たち人間は、やっぱりその人に腹を立て、できれば他の部署に行ってくれないかなと願ってしまうかもしれません。
 
それでも、きっとその人のミスを見たとき、少なくとも、ストレートに注意したり、叱りつけようとは思わなくなるのではないでしょうか。
 
結局、「結果」だけでものごとを判断するというのは、どちらにでも評価がかんたんに転んでしまう、とてもいい加減な行動でしかないのです。
 
 

┃「納得した人生」を送るために

 
これは、自分自身においても同じことが言えます。
 
私たちは、社会から「結果」で判断されて育ってきました。
 
テストの点数、競技の順位、通知表、偏差値、入試の合否、採用の合否、売上金額、成約数、こなした案件の数、有名な賞を取ったかどうか・・・。
 
だから、ついつい自分自身においても、「結果」だけで自分の評価をしてしまうのです。
 
そして、自分が「生きづらい」という重荷を背負っていることを忘れてしまうのです。
 
「生きづらい人」は、ただたんにその「結果」を出したわけではない。
 
生きづらさを背負うという「苦労」と、それを日々なんとかやりこなすという「努力」を重ねて「結果」を出したのです。
 
あなたは、その自分の「苦労」と「努力」に、しっかりと目を向けてあげているでしょうか?
 
あなたは、生きづらさを背負った自分が出した「結果」にばかり注目してはいないでしょうか?
 
そして、自分の「苦労」と「努力」を軽くみてはないでしょうか?
 
「生きづらさ」を乗り越えて生きている自分を甘く見てはいないでしょうか?
 
たしかに、学校の成績やビジネス、スポーツの世界では、「頑張ったけどよくやった」なんて価値観は通用しないでしょう。
 
ただ、それを人生全般にまで当てはめて考えているのが、今の日本の社会なのです。
 
果たして、「結果」だけで判断するというその安っぽい価値観に、あなたの人生をすべてゆだねてしまってもいいのでしょうか?
 
「苦労」と「努力」に目を向けると、世界が変って見えてきます。
 
人への接し方が変わってくる。
 
自分への接し方も変わってくる。
 
ミスをしたからといって、それだけで責めたりすることもなくなる。
 
逆に、どんなに良い「結果」を出しているからといって、その人をむやみやたらに尊敬したり、憧れたり、うらやむこともなくなります。
 
どんなに「結果」が素晴らしくても、納得した人生を送ることはできない。
 
拾ったダイヤに、いったいどんな価値があるというのか?
 
「苦労」し、「努力」して掘り当てたダイヤだからこそ、そのダイヤはダイヤ以上の価値をもつのです。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶかつのり(信夫克紀)
 

 
【残り1席です】
人間関係がどうしても苦手な人へ 脱世間起業塾開催

 


生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.AI時代に生き残る仕事
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.これからのビジネスの成功法則
4.善人なんていない
5.お金は好きですか?
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.「リア充」を目指すより
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.人に拒絶されると傷ついてしまう
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.仕事は三つもつ
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの使い方
38.向かい風を追い風にする生き方
39.行動力を身につける方法
40.お金との上手なつき合い方
41.自己洗脳と自己欺瞞
42.人並みという幻想
43.元気がないと幸せになれないのか?
44.社会の常識に振り回されない
45.気が休まらない…
46.綺麗事に気づいてしまう人
47.生きづらい人が起業を成功させられる理由
48.そんなかんたんな話じゃない
49.人に気をつかい過ぎて疲れしまう
50.悩み過ぎて体がガチガチ
51.正解なんてない
52.心に余裕がない
53.誰に相談したらいいのかわからない
54.やる気はどこから湧いてくる?
55.人と対立してしまう
56.許すか、許さないか
57.生き方を決める
58.好きなこと探しの迷宮
59.生きづらさは誰のせい?
60.集中しすぎてしまう
61.居場所がない
62.不用意に交友関係を増やそうとしない
63.自分を最強の味方にする方法
64.世間のしがらみから脱け出したい
65.あと一歩が踏み出せない
66.なぜメンタルが弱いのだろう…?
67.苦手なことへの適切な対処法
68.心配ごとが頭から離れない
69.認められたいのに認めてもらえない
70.引きこもりは「悪いこと」なのか?
71.楽に生きたい
72.失言が多いので減らしたい
73.誰も心配してくれない
74.お金の上手な使い方
75.やる気が出ないのはなぜなのか?
76.深く悩んでいる人の方が「えらい」のか?
77.生きづらい人が幸せになりたいなら
78.この人と結婚していいのか?
79.心が敏感な人向けの対処法から抜け落ちている視点
80.人生を変えられる人と、変えられない人の違い
81.親が嫌いな自分はおかしいのか?
82.著名人と自分を比べてしまう
83.自分を信じられない
84.上司や部下に言うことを聞いてもらえない
85.劣等感は克服も解消もしなくていい
86.ポジティブシンキングがうまくできない
87.結果だけで判断される社会
88.「自分がされたら嫌ことは他人にしてはいけない」の嘘
89.「性格が悪い」と言われてしまう


おかげ様でコラム数500本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。