社会に絶望している人へ

 

ジツ充とジコチュウの違い

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第27回
社会に絶望している人へ

 
10年後、私たちの住むこの社会はどのような姿になっているでしょうか?
 
あなたは、そこでどのように暮らしているでしょうか?
 
「そんなこと考えたくもない…」
 
生きづらいと感じている人であれば、そのように、社会と自分との関係に絶望を感じているかもしれません。
 
こんな社会で、未来など想像できない…と。
 
たしかに今の社会には、生きづらさを助長させる要因がたくさんありますよね。
 
でも私は、10年後には「まったく違う社会」になっていると思います。
 
平和が維持されていれば、10年後の社会では、私たちがいつかやってくる「未来」だと思っていたシーンが、当たり前のように展開されているでしょう。
 
通信環境がよくなり、なにをするにも「その場」にいないくてもよくなっている。
 
離れた場所にいる複数の人同士が、同時に、しかも自然に会話をしている。
 
場所を選ばず自分に必要なデータやコンテンツ、サービスを呼び出し、あらゆる機器を離れた場所から操作している。
 
自動運転によって、車の中でさえ自分の作業空間になっている。
 
結果として、会社という組織は存在しても、社員が集まって仕事をする「オフィス」という場所は劇的に減っているでしょう。
 
大学の多くも、校舎がなくなっている。
 
通勤や通学という言葉も過去のものとなりつつあり、
 
「みんなが同じ時間に、同じ場所へ行って仕事をし、同じ時間に帰ってくる」
 
という行為は、非効率的でバカバカしいことだという感覚が、当たり前となっているでしょう。
 
それが常識になる。
 
常識が変わるのです。
 
少しストレートに表現してみれば、今までの社会に懸命に適応しようとしていたことが、バカらしく感じられる時代が来るかもしれないということです。
 
このような流れは、今にはじまったことではありませんよね。
 
たとえば、10年前と今とを比べてみましょう。
 
スマートフォンなんて誰も持っていませんでしたし、ネットはわざわざパソコンで見ていました。
 
ブラック企業は当たり前で、今とは比べものにならない数の人が過剰な残業を強いられて、それをこなすことがカッコよく、仕事熱心であるという文化すらありました。
 
育児休暇を取りたいなんて、とても言い出せる雰囲気ではなかった。
 
子育てに参加する「イクメン」は圧倒的少数派(というかそんな言葉すらなかった)で、子煩悩の親バカどころか、女性の調子取りとまで言われていました。
 
教育においても「ゆとり教育」がおこなわれ、授業の内容も量も、休日の数も今とはだいぶ違っていました。
 
つまり10年経てば、社会は変わってしまう。
 
しかもその速度は、次の10年に向けてさらに速くなっているのです。
 
そう考えると、今の時代において、よく言われるような人生の「10年計画」をたてることは、あまり役に立たないかもしれません。
 
「5年計画」でも怪しい。
 
人生の計画は「3年計画」ていどでかまわない。
 
そして半年ごとに更新するのが現実的でしょう。
 
私の話で恐縮ですが、私の学生時代の社会では、大学を卒業していなければ住むところもなくなるかのように言われていました。
 
親だけではなく、学校の先生からメディアまでが、こぞって口をそろえてそう言っていたのです。
 
でも、じっさい今はどうでしょうか?
 
まったくそんなことはありません。
 
大学を卒業していない人たちが、当たり前のように社会でポジションを得ることができています。
 
この社会の変わりっぷりを見ると、私と同世代のいわゆるロスジェネ諸氏の多くは、当時の大人たちが、
 
「詐欺集団」
 
のようなものだったと、思わず苦言をもらしたくなるのではないでしょうか。
 
といっても、当時の大人も子供をだまそうと思って言っていたわけではない。
 
今自分たちの目の前にある社会が、ずっとつづくと思い込んでいただけ。
 
社会は激しく流れていることに気づけず、今と同じ社会がつづくことを無条件に信じてしまっていたのです。
 
だから私たちも、将来のことを考えるとき、自然と今の社会がつづくことを前提として今後の人生について考えてしまいます。
 
そして、必死で今の社会に適応しようとする。
 
適応できなければ先はないと、絶望すら感じてしまうのです。
 
でも社会は変わっていく。
 
どんどん変わっていくのです。
 
ちなみに私は大学を出ていません。
 
後悔すると言われましたが、その後の人生において「入っておけばよかった・・・」と思ったことは一度もありません。
 
大学を出ていないからといって困ったことも一度もありません。
 
たぶん今後もないでしょう。
 
もしそう感じる場面に遭遇し、大学で学ぶ必要を感じたら、今から入ればいいだけです。
 
10年前と違って、通信で受講できる大学も増えていますし、社会人向けに無試験で入学できるところもあります。
 
こんな時代が来るとは、当時の大人たちは予想していなかったでしょう。
 
無理やり受験勉強をさせられた、あの時間と労力を本当に返して欲しいと思います。
 
だからと言って、誰も謝ってくれません。
 
それが社会です。
 
社会は壮大な実験場です。
 
ただその「実験」の責任者がいない。
 
誰も責任をとってはくれないのです。
 
だから、社会が今なんの「実験」をしていて、どんな「結果」が出ているのかを、自分の目で確認していかなければならないのです。
 
私たちはついつい、今の社会がつづくことを想定して、自分には適応できない、もうなにもできないと考えてしまいがちです。
 
でも社会は大きく変わっていきます。
 
「実験」の結果、適応できない人が出てきたら、今度はそのような人たちが生きられるように社会は変わっていくでしょう。
 
その可変性が、現代日本の一番いいところだと私は感じています。
 
生きるための選択肢が増えていくのです。
 
絶望する必要はない。
 
新しく生まれる選択肢に目を向けて、私たちは進む方向を自分で選んでいくことができるのです。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
信夫克紀(しのぶ かつのり)
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ