TOP | コラム | 生きづらい人生の歩き方 | 人に気をつかい過ぎて疲れてしまう


人に気をつかい過ぎて疲れてしまう

 

生きづらい人生の歩き方第49回 人に気をつかい過ぎて疲れてしまう

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第49回
人に気をつかい過ぎて疲れてしまう

 
先日、私のもとに一通のハガキが届きました。
 
私が通っている歯科医院からのお知らせでした
 
じつは、数カ月前にその歯科医院で歯の治療を終えたのですが、なんとなくその歯の具合が悪く、ちょうど行こうか行くまいか迷っていたときでした。
 
なぜ迷っていたのかというと、理由は二つあります。
 
近くに新しくできた歯科医院が、最先端の治療をしてくれるという情報が入っていたから。
 
そして、今通っている歯科医院には植物が置いてあり、新しいところには植物が置いていないという情報が入っていたからです。
※私は植物嫌悪症です。
 
でも、今通っている歯科医院は、私が治療室に入る前に毎回植物を片づける配慮をしてくれる、たいへんありがたい医院でした。
 
しかも、嫌な顔ひとつせず、植物嫌悪症にもまったく言及せずに対応してくれる、今まで出会ったことのない、非常に貴重で珍しい医院でした。
 
歯の治療にかんしても、ある歯科医院で誤った施術をされた難しいケースを、なんども試行錯誤しながら治してくれました。
 
ただ、それでも具合が悪くなってきたので、これは別の歯科医院に相談するなり、なにか他の選択肢を探すしかないのかなと考えていました。
 
でも、今通っている歯科医院に多大な感謝をしていたので、どうしようか迷っていたのです。
 
なんとなく申し訳なく、その歯科医院の先生に気をつかっていたわけです。
 
そこに届いたのが、冒頭のハガキでした。
 
時期的に定期健診のお知らせからなと思い、内容を読んでみました。
 
愕然としました。
 
しばらく呆然としていました。
 
なんと、その先生が亡くなったとのお知らせでした。
 
しかも、数カ月も前に。
 
私よりも年上の方でしたが、まだまだお若く、スポーツの認定証が待合室にいくつも飾ってあるような頑強なイメージのスポーツマンでした。
 
人生のはかなさをあらためて痛感しました。
 
と同時に、ある考えが私の心に浮かんできました。
 
「俺は、すでにこの世にいない人に気をつかっていたのか…」
 
歯の具合が悪くなり、私が行こうか行くまいか迷いはじめた頃には、すでに先生は他界していました。
 
つまり私は、迷っても迷わなくても結果にまったく影響しないことで、長いあいだ気をつかいつづけていたのです。
 
そして、気をつかうということの「妄想性」を、あらためて思い知らされました。
 
そう、気づかいとは「妄想」。
 
相手が存在していようがいまいが成立してしまう「妄想」なのです。
 
あなたがもし、人に気をつかい過ぎて疲れ果てているのなら。
 
さらに、そのために生きづらさまで感じておられるのなら。
 
すべての気づかいは「妄想」だという根本的な事実を、常にご自分に教えてあげていただきたいと思います。
 
この人には気をつかって、あの人には気をつかわないで、そしてこんな気のつかい方をして…と、気づかいの対処療法をくり返すよりも。
 
どんな気づかいであれ、それが気づかいである以上、すべて「妄想」なのだ心に刻み込んでしまうのです。
 
なぜなら、相手がなにを望んでいるか、なにを迷惑だと感じるのか、他人である以上、究極的には決してわからないからです。
 
生きづらさを感じている人は、扁桃体が敏感な人が多いですよね。
 
また虐待の後遺症アダルトチルドレンでお悩みの方もとても多い。
 
だからこそ心が敏感すぎて、自分の意志とは関係なしに、やたらと人に気をつかってしまうことが多いのではないでしょうか。
 
カウンセリングの現場でも、日々そのような方からご相談をお受けしています。
 
でも、気づかいというものは、感受性があるていど同じような人同士だからこそ成立するものです。
 
あなたのような「心が敏感な人の感覚」で気をつかっても、ほとんどの人には通じない。
 
反対にその気づかいを利用されたり、迷惑がられてしまうものです。
 
だからこそあなたは、気をつかうことにほとほと疲れてしまったのではないでしょうか。
 
そして、やたらと人に気をつかう自分の性格を変えたい。
 
そんなふうに感じて、努力を重ねてきた。
 
にもかかわらず変えられなくて、ならば気づかいを上達させようと「上手な気のつかい方」を身につけようとしてきたかもしれません。
 
でも、もうそんな苦しい努力をしなくてもいいんですよ。
 
すべての気づかいは「妄想」。
 
どんな人だって、相手が本当はなにを望んでいるのか、絶対にわからないのですから。
 
わかった気になっている人は、たまたま「ふつうの感受性」を持っていただけ。
 
自分の気づかいが、周囲のたくさんの人たちの要望にマッチしていただけなのです。
 
生きづらい人は、無理に気づかいをしなくていい。
 
すべての気づかいは「妄想」だという事実さえ感じていればいい。
 
それでも気をつかいたいと感じる相手がいるときにはじめて、気をつかえばいいのです。
 
私は、他界していた歯科医院の先生に気をつかっていたことを「無駄」であったとは思いませんでした。
 
死者への弔いのためとか、天国にいる先生のためにといったロマンチックなお話ではありません。
 
自分にとって気をつかう価値のある人に、ちゃんと気をつかえていたからです。
 
すべての気づかいは「妄想」。
 
相手がこの世にいてもいなくても同じこと。
 
自分にとって気をつかう価値があるのかどうかだけが、重要なのです。
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶかつのり(信夫克紀)
 


生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.AI時代に生き残る仕事
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.これからのビジネスの成功法則
4.善人なんていない
5.お金は好きですか?
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.「リア充」を目指すより
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.人に拒絶されると傷ついてしまう
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.仕事は三つもつ
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの使い方
38.向かい風を追い風にする生き方
39.行動力を身につける方法
40.お金との上手なつき合い方
41.自己洗脳と自己欺瞞
42.人並みという幻想
43.元気がないと幸せになれないのか?
44.社会の常識に振り回されない
45.気が休まらない…
46.綺麗事に気づいてしまう人
47.生きづらい人が起業を成功させられる理由
48.そんなかんたんな話じゃない
49.人に気をつかい過ぎて疲れしまう
50.悩み過ぎて体がガチガチ
51.正解なんてない
52.心に余裕がない
53.誰に相談したらいいのかわからない
54.やる気はどこから湧いてくる?
55.人と対立してしまう
56.許すか、許さないか
57.生き方を決める
58.好きなこと探しの迷宮
59.生きづらさは誰のせい?
60.集中しすぎてしまう
 

 
コラムの総合TOPはコチラコラムの総合TOPはコチラ