TOP | コラム一覧 | 生きづらい人生の歩き方 | 悩み過ぎて体がガチガチ


悩み過ぎて体がガチガチ

 

生きづらい人生の歩き方第50回 悩み過ぎて体がガチガチ

LinkIcon目次はコチラ  
 

生きづらい人生の歩き方

 

第50回
悩み過ぎて体がガチガチ

 
生きづらい人は、当然のことながら毎日悩んでいます。
 
日々、これでもかと深く悩んでいます。
 
たとえば、
 
人間関係がうまくいかない
 
今の仕事が自分には向いていない
 
やりたいことが見つからない
 
感情に飲み込まれてしまう
 
人と話が噛み合わない
 
孤独に押しつぶされそうになる、などなど…。
 
そして、その深い悩みの連鎖によって、ある一つの現象に襲われていることが多いのです。
 
それは、
 
「体がガチガチ」
 
になっているという現象。
 
悩みすぎて体(筋肉)が固まってしまっている。
 
怒りや恐怖や緊張で、体がガチガチになっているのです。
 
固まっている体で動こうとすれば、なにをするのもしんどいと感じてしまいますよね。
 
そしてなにもかもが面倒くさくなって、あまり動かなくなる。
 
そのためもっと体が固まっていく。
 
生きづらい人は、こんな「悪循環」を抱えています。
 
固まった体は、心も緊張させてしまいます。
 
じっさいに今、グッと力んで体を硬くしてみてください。
 
そしてその状態で、心をリラックスさせようとしてみてください。
 
かなり難しいですよね。
 
そこで、体をしっかりとほぐして「悪循環」を断ち切ることが、生きづらさから脱け出すためにとても重要になってくるのです。
 
私の本「生きづらさから脱け出す実践法」のなかでも、わざわざたくさんのページを割いて、生きづらい毎日のなかでも継続できるストレッチを紹介しているのはそのためなんです。
 
でも、やっぱりそれを毎日一人でつづけるのはたいへん、という声をよくうかがいます。
 
最初は気持ちよかったけど、だんだんと飽きてきて継続できなくなってしまうのです。
 
そんなときには、二つの選択肢があります。
 
まず、ストレッチ教室に通ってみること。
 
自治体などが開催している教室もありますし、トレーナーがマンツーマンで施術してくれるストレッチジムもあります。
 
もちろん、私のカウンセリングルームでも、ストレッチを指導させていただいています。
 
ただこの選択肢においても、継続できないハードルが二つ生じてきます。
 
一つは、
 
「通うのが面倒くさい」
 
というハードル。
 
二つ目は、
 
「継続的にお金がかかる」
 
というハードルです。
 
たしかに、この二つのハードルは、継続するうえで大きな壁になりますよね。
 
とくに悩み過ぎて体がガチガチなわけですから、それを解消するためにどこかに通うという労力は避けたくなります。
 
ではいったい、どうすればいいのでしょうか?
 
そこで出てくるのが次なる選択肢です。
 
それは、ストレッチグッズを使うという選択です。
 
私がおすすめしているのは、
 
ストレッチポール
 
です。
 
ストレッチポールとは、少しだけ柔らかい素材でできた長い円柱。
 
このうえに背骨を当てて寝っ転がりながら、手足を動かすだけで、けっこうハードなストレッチが楽にできてしまうという便利グッズです。
 
筋肉が伸びる感じを、ありありと味わえます。
 
ストレッチポールというのは正規品の名前で、他にもいろいろな類似品が出ています。
 
ただ、私もいろいろと使ってみましたが、結局は正規品が一番コストパフォーマンスが優れていると思い、ストレッチポールに戻ってきました。
 
類似品は長さが足りず、頭を支えきれなかったり、やたらと硬かったり柔らかかったりしてなじまなかったのです。
 
また正規品には革製のカバーがついているので、皮膚への触り心地も柔らかい。
 
敏感肌の私には、とてもありがたいものです。
 
しかし、ストレッチポールのもっとも優れているところは、
 
「とにかく楽で気持ちいい」
 
という一言に尽きます。
 
ゴロンとポールに乗っかった瞬間の背骨の気持ちよさといったらありません。
 
自分から乗りたくなる。
 
そのため、「継続できない」というハードルを越えることができます。
 
じっさいに今私もこのコラムを書きながら、
 
「ああぁぁ、終わったらストレッチポール乗ろう…!」
 
と思っています(笑)
 
さらに、自宅でできるので「通うのが面倒くさい」というハードルも越えられます。
 
そのうえ一度買ってしまえば数年間は使えますので、「継続的にお金がかかる」というハードルもクリアできます。
 
生きづらい人にとってストレッチポールは、頼れるパートナーだと言えるかもしれません。
 
もちろんグッズを使わずに、一人でみっちりストレッチすることことのメリットもたくさんあります。
 
細かい筋肉は、ストレッチポールだけでは伸ばしきれないでしょう。
 
そして、ストレッチ教室やストレッチジムに通うことのメリットもたくさんあります。
 
正確な知識を得られるということもありますし、人に施術してもらうというのは格段に気持ちのいいものです。
 
そんな贅沢を自分に用意してあげるのは、とても大切なことでしょう。
 
だから、重要なのはかたよらずに、状況に合わせて上手に選択肢を使い分けていくということ。
 
そんな「飽きさせない環境」を整えていくことが大事なのです。
 
体と心と環境。
 
生理と心理と物理。
 
ストレッチを継続しやすい「環境」を整えて、ガチガチになった「体」をほぐせば、「心」もほぐれていく。
 
生きづらさには、三理一体でのぞんでいくことが大切なのです。
 
『ストレッチポール』の写真や詳細はコチラに紹介されています
 
Brain with Soul代表
生きづらさ専門カウンセラー
しのぶかつのり(信夫克紀)
 


生きづらい人生の歩き方 <目次>

1.AI時代に生き残る仕事
2.「世界一即戦力な男」に見る引きこもり脱出の糸口
3.これからのビジネスの成功法則
4.善人なんていない
5.お金は好きですか?
6.「お金もうけ」にとらわれなくなる話
7.「リア充」を目指すより
8.我慢してるのに自分勝手と言われる
9.生きづらさの正体
10.死んでも世界はつづくのか?
11.実存を充実させる生き方
12.他人の目が気になる人へ
13.「ジツ充」の極め方
14.不安の上手な対処法
15.変えられること、変えられないこと
16.「変えられること」の見つけ方
17.感情に飲み込まれない方法
18.人に拒絶されると傷ついてしまう
19.人生を変える方法
20.人生が変わる瞬間に必ず起こる問題
21.「心の空間」を生きる
22.話が噛み合わないと感じるなら
23.人生に疲れ果てたとき
24.「自分らしさ」とは何か?
25.AIと張り合うくらいなら
26.ジツ充とジコチュウの違い
27.社会に絶望している人へ
28.ネガティブ思考を変える適切な方法
29.仕事は三つもつ
30.心の健康法の効果が出ない理由
31.ベーシックインカムで将来も安心?
32.「悩み解決書」で悩みが解決しない理由
33.生きづらさを癒す一つの方法
34.もっとクヨクヨ考えよう
35.仕事を三つもつ理由
36.好きなことを仕事にする…?
37.苦しみの使い方
38.向かい風を追い風にする生き方
39.行動力を身につける方法
40.お金との上手なつき合い方
41.自己洗脳と自己欺瞞
42.人並みという幻想
43.元気がないと幸せになれないのか?
44.社会の常識に振り回されない
45.気が休まらない…
46.綺麗事に気づいてしまう人
47.生きづらい人が起業を成功させられる理由
48.そんなかんたんな話じゃない
49.人に気をつかい過ぎて疲れしまう
50.悩み過ぎて体がガチガチ
51.正解なんてない
52.心に余裕がない
53.誰に相談したらいいのかわからない
54.やる気はどこから湧いてくる?
55.人と対立してしまう
56.許すか、許さないか
57.生き方を決める
58.好きなこと探しの迷宮
59.生きづらさは誰のせい?
60.集中しすぎてしまう
61.居場所がない
62.不用意に交友関係を増やそうとしない
63.自分を最強の味方にする方法
64.世間のしがらみから脱け出したい
65.あと一歩が踏み出せない
66.なぜメンタルが弱いのだろう…?
67.苦手なことへの適切な対処法
68.心配ごとが頭から離れない
 


おかげ様でコラム数450本突破!

読むと心が強くなるコラム

「読むだけで生きる勇気が湧いてくる」と大好評をいただいている、しのぶかつのり(信夫克紀)の連載コラムです。
もちろん<無料>でお読みいただけます。